21世紀型農業法人を
目指しています。
高齢化・後継者不足・経済性(儲からない)などの問題を抱え続けている農業法人。
耕作放棄地(以前耕作していた土地で、過去1年以上作物を作付け(栽培)せず、
この数年の間に 再び作付け(栽培)する意思のない土地)は
2015年時点で全国に42.3万ヘクタール(野球のドーム球場 約40,500個分)あり、年々増えています。
私たちTANBANは次の時代の農業「21世紀型農業」を目指すべく生まれた新しい法人組織です。
「本当に美味しい椎茸とは原木の中にある」その思いのもと、「本物の椎茸を多くの人に知ってもらいたい」を目的として椎茸農場を展開しています。初めての原木椎茸を食べていただき、お客様に「驚きと感動」をお伝えできればと願っています。

取扱商品

椎茸Shiitake mushroom
栽培の過程では二酸化炭素を多く排出する機械や器具は一切使用していません。農薬なども一切使用しておらず、自然の光・水・空気のみで栽培しています。
Solar sharing農地のままで太陽光発電ができます!!
高さ2m以上の架台(土台)を設置し、架台下では営農を、架台上には太陽光パネルを設置して1つの土地で太陽光を農業と発電でシェアする事業です。ただ、農地は雑種地などに地目変更しなければ、太陽光パネルは設置できません。 しかし、「一時転用」の許可を受ければ、地目は農地のままで太陽光パネルの設置が可能となります。農地と太陽光発電の組合せによるソーラーシェアリングのご提案です。
ファーム投資のご提案 農業の課題は気象条件や気候変動の影響で不作などのリスクなど「収入が不安定である」ということ。TANBANでは「太陽光発電」のノウハウをもとに収入の補填や増収をサポートしています。自身のMy発電所とMy農場を持ちませんか?

COMPANY

  • 会社名

    株式会社TANBAN

  • 代表取締役

    加茂博貴

  • 所在地

    〒465-0061 名古屋市名東区高針荒田1101番地

  • TEL

    052-685-8500

  • メール

    info@tanban.main.jp

  • 創業

    平成28年8月1日

  • 資本金

    200万円

  • 事業内容

    農業・林業の経営
    農産物・特用林産物の製造・加工・販売
    農業・林業用資材の製造・加工・販売
    農業・林業作業の代行、請負及び受託
    農業・林業に関する共同利用施設の経営
    農業・林業に関する事業のコンサルティング